第3回起業家派遣事業:大阪府立大学 工業高等専門学校

開催概要


【講師がお話された内容】
●学生時代~起業するまで:大好きなものとの出会い
●起業で大切な事
①なんのためにするか、を考える
②心配しすぎない

【ここがポイント】
●学生時代~起業するまで:大好きなものとの出会い

子供のころは、鉄道やロボットが好きで、ロボコンに憧れていました。
中学に進学すると、電子回路マニアの友人ができ、自分で回路を作ったりと、モノづくりの面白さにハマっていきました。
舞鶴高等専門学校に進学し、サーバーやネットワークの面白さに出会い、サーバーを手作りし、学外にも無償のホスティングサービスを提供する様になりました。
ユーザー数の急増によりサーバーがパンクしたため、サービスを続けるためには学外にサーバーを設置する必要が出てきました。
それまで、無償で提供してきましたが、外部にサーバーを設置すると、維持費用が発生します。
そのため、ユーザーからきちんとお金を頂いて場所と回線を借り、持続可能なサービスを提供しようと思い、当時18歳でさくらインターネットを創業しました。

これまでのホスティングサービスは、企業向けで高価であったため、個人が使用する事はほとんど不可能でした。
高価な理由は、エンジニアリングが高価であったためです。
弊社は、エンジニアリングを自前で実施する事で、費用は大幅に抑える事が出来ました。
そのため、他社とのサービスの差別化として、「安価であること」を打ち出しました。
結果ユーザー数が急増し、現在、日本で一番のシェアを獲得する事が出来ました。

●起業で大切な事
①『なんのためにするか、を考える』
起業すると、ほんとうに大変な事が多いです。
自分の好きなようにやれる反面、責任が発生します。
なので、起業をするならば、『なんのために、起業するか?』『本当に起業したいのか?』をきちんと考える必要があります。

②『心配し過ぎない』
大変だった時(特に、経営危機に陥った時)は、眠れない日々を過ごしたこともありました。
その時は、会社がつぶれるんじゃないか?など、色んな心配をしていましたが、お陰様で色んな方に助けて頂き、無事、経営危機を乗り切ることが出来ました。
その当時を振返って思うのは、『心配したことの99%は、起こらなかった』という事です。

これからの人生で、迷うこともあるかと思います。そして、不安や心配で眠れない事があるかも知れません。その時は、『心配したことの99%は、起こらない』ということを思い出してみて下さい。

【生徒の感想(抜粋)】
・今までは、もっと偉い人じゃないとできないと思っていたけど、「こんなことをしたい」という気持ちがあればできるんだと分かりました。
・起業は、思っていたよりも身近なものだと、分かりました。
 努力をすれば、だれでもチャンスがあるとは知りませんでした。
・大変でしんどい仕事だと思っていましたが、自分のやりたい事を頑張っていて、楽しそうでした。

【講師紹介】
さくらインターネット 株式会社
代表取締役 田中 邦裕 氏
http://www.sakura.ad.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る